みなし2号と呼ばれるH番号対象者の方が身体障害者手帳を持っている場合は介護扶助よりも障害福祉サービスが優先する。

参考資料 大分市介護扶助通信第1号

みなし2号の方は、生活保護法の他法優先の原則により、障害福祉サービスが介護扶助(生活保護)に優先される。

1、まず、障害福祉サービスを利用することでニーズ対応できないか検討する。

2,身体障害者手帳がない場合で所得が可能な場合は、所得後すみやかに障害福祉サービスの利用を検討する。

ケアマネ業務の参考豆知識

1,居宅サービス計画届出書は不要

理由:福祉事務所が生活保護法の指定介護機関である居宅介護支援事業所に委託しているもので、本人との契約に基づくものではないため。

2,請求は、生活保護法介護券を受け取り行う。

3,介護認定申請、更新手続きは担当ケースワーカーが原則行う。(担当ケースワーカーが忘れている場合もあるので、ケアマネは、依頼の声掛けをしておくほうが良い。