ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは

keamanetohaケアマネージャー(介護支援専門員)とは、2000年4月から始まった「介護保険制度」 において、
要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、
介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

ケアプランとは

5-plan要支援、要介護に認定されたご高齢者の希望に添った介護サービスを利用できるように、
本人や家族の心身の状況や生活の環境などに配慮し、利用する介護サービスの種類や内容を定めた
「介護サービスの利用計画」のことです。
ケアプランには居宅サービス計画と施設サービス計画があり、居宅サービス計画は援助方針、
サービスの種類、スケジュール、サービス事業者などを決めるものです。
施設サービス計画は、入所している要介護者に提供する援助方針、サービス内容や栄養管理などを計画します。

サービスの質の向上に向けた取組

torikumiケアマネジャーは医療知識も重要と思います。
そのために、地域の病院が行っている勉強会に参加しています。
医師や専門職の講義は基礎的なことをわかりやすく説明してもらえるので、
学びの機会になっています。兵庫県介護支援専門員協会が実施している指導者養成研修を
一緒に受けた仲間と同期会を定期的に開催し、広い視野での学びの機会を意識して作っています。
ケアマネジャー自身が、自分を振り返る機会(自己覚知)が大切です。
そのためには、対人援助の基礎技術をはじめ、たくさんの知識が必要と思っています。
地域のケアマネジャー同士の交流をはじめ、質の高い仲間をいかに作るかが、ネットワーク作りでは重要と思います。

介護の相談・ケアプラン作成

ケアプランは以下の流れで作成されます。

Step1 アセスメント

ケアマネジャーが利用者宅を訪問し、利用者の心身の状況や生活環境などを把握し、課題を分析します。

Step2 話し合い

ケアマネジャーと利用者・家族・サービス提供事業者で、利用者の自立支援に資するサービスの検討を行います。

Step3 ケアプラン作成

課題や話し合いを基に、ケアマネジャーと一緒に利用するサービスの種類や回数を決め、サービス利用の手続きを行います。

介護サービス利用スタート

サービス事業所と契約し、ケアプランに基づいてサービス利用がスタートします。

※要支援の方のケアプランは地域包括支援センターが作成します。